口臭解消 口臭の原因は歯周病にもあります


口臭の原因 歯周病

毎日の歯のお手入れが悪いと、歯と歯の間にプラークが残って
しまい細菌の出す毒素や酵素などの影響で歯肉に炎症が起きます。

歯ブラシが触れただけでも出血するようになり、
歯がぐらぐら動くようになって、歯周病になります。

歯周病になっていると口臭がひどくなるようです。
歯周病は歯茎やその周りに細菌がついて、炎症を起こしています。

そのために口臭の原因となってしまうのです。
口臭をなくすためには、臭い消しなどを使用することはいいので
すが、一時的な効果しかありません。

基本は歯周病を治すことが大事なのです。
歯周病が進んでしまうと治すことは難しくなります。

そのために、歯周病の前段階である歯肉炎、歯周炎で治療を始める
ことを考えておきましょう。

自分でも気づかないうちに歯周病が進行しています。
口臭が気になりだしたならば、歯周病を疑ってみるべきです。

口の中の病気は悪くなってから病院に行くのではなく、定期的な
チェックが必要です。

スケーリングと呼ばれる歯垢除去を定期的に行いましょう。


口臭解消 原因 予防(虫歯 歯周病 歯槽膿漏)トップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33001246
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

スポンサードリンク