ドライマウス(口腔乾燥症)口臭の原因にも



ドライマウス
 (口腔乾燥症)口臭の原因にも

ドライマウス(口腔乾燥症)とは、口腔粘膜の乾燥する
症状で、唾液の分泌が低下してお口が乾いた状態のことを
さします。

唾液が不足してドライマウスが進行すると、舌がひび割
れる、義歯の具合が悪くなる、口内炎ができやすくなる
などの症状がでます。

唾液の分泌が少ないため、唾液が本来果たしている抗菌
作用や、洗浄作用が働かず、虫歯や歯周病などにかかり
やすくなり、口臭の原因にもなります。

ドライマウスのチェック法

1. 口の中が乾く、カラカラする
2. 水を良く飲む、いつも持参している
3. 夜中に起きて水を飲む
4. クラッカーなど乾いた食品が咬みにくい
5. 食物が飲み込みにくい
6. 口の中がネバネバする、話しにくい
7. 味がおかしい
8. 義歯で傷が付きやすい

1つ以上当てはまるものがあれば、ドライマウスの
可能性があります。

3つ以上の場合は病院で診察してもらいましょう。


ドライマウス口腔乾燥症)の方の注意点



トップへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39538089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

スポンサードリンク