口臭の原因として 胃の病気もあります。


口臭の原因として 胃の病気もあります。

胃の具合が悪いために口臭が発生することがあります。

なんらかの胃の病気になりますと、食べた飲食物が胃
の内部で、異常発酵してしまうことになります。

そのため、匂いの元になる物質を出してしまいます。
それが食道を上がって口から出てくるのではなく
においが血液中に溶け込みます。

その血液が身体を循環して、肺まで行った時に肺から
口臭となって出てきてしまいます。

胃の病気としては、胃酸過多や胃の内部に腫瘍が出来た
場合です。痛みを感じるような症状が出ましたら、病院
へ行かなくてはなりません。

根本的な口臭対策となるのは、やはり胃の病気を早く
治療することです。

簡単に治るような胃の病気ではない場合は、丁寧な歯磨
きや、マウスウオッシュ、口臭用スプレーなどを
使うことですね。


口臭解消 原因 予防(虫歯 歯周病 歯槽膿漏)トップへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52324465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

スポンサードリンク