口臭の原因 耳鼻科の病気


口臭の原因 (耳鼻科の病気)


鼻の病気、中でも口臭を強く感じさせてしまうのが、鼻炎なのです。
そもそも、鼻と口は繋がっています。

鼻炎になってしまいますと、風邪でもないのにくしゃみや鼻水が出
たり、鼻がつまったりするような症状が出てきます。

花粉症のかたも鼻炎になりやすいですね。

鼻水が多く出るようになりますから、その汁が喉や鼻腔内にたまって
しまいますと、そこで炎症を起こしたり、細菌が繁殖して膿が
溜まってしまったりするようになります。

そうしますと、膿ですから、強い口臭を出すようになってしまうのです。
また、鼻がつまることによって呼吸が苦しくなりますから、どうしても
口呼吸になってしまいます。

そうしますと例によって口内が乾燥してドライマウスになってしまいます。
そういった理由からも口臭が発生します。

対策としては鼻炎を改善することが一番です。
治療し終わるまでの一時的な口臭対策は、鼻が通るようにミント系の
ガムやキャンディ、マウスウオッシュ、口臭用スプレーなどが良いですね。


口臭予防スプレーを使う




口臭解消 原因 予防(虫歯 歯周病 歯槽膿漏)トップへ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58617331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

スポンサードリンク