口臭の原因 病気によるもの(腎疾患、肝疾患)


口臭の原因 病気によるもの(腎疾患、肝疾患)

口臭が気になるからといって口臭対策だけしていれば良いという
わけではありません。どのような口臭であっても、根本的な部分
を改善することが、最高の口臭対策となります。

腎臓の病気と肝臓の病気でも口臭がでます。

腎臓を傷つけると、体内の水分コントロールが上手くいかなくな
ってしまいますから、唾液の分泌が少なくなるということも
あります。

場合によっては消化機能も低下してきますから、やはり同じように
唾液が少なくなり、ドライマウスになってしまいます。

肝疾患においても、ホルモンのバランスが崩れるなどが原因で、
唾液の分泌が少なくなります。ひどくなると口腔内から出血しやすい
状態にもなってしまいます。
m_04.gif
口臭がきつくなったと
思ったら、病気も疑う
ことです。
また、なんらかの病気
になったら、口臭がき
つくなっていないかど
うか、気にしてみるこ
とも大事です。

病気による口臭対策は病気を治すことで、治すまでの一時的な方法と
しては、マウスウオッシュや口臭用スプレーを使用してください。

病気の種類によっては、むやみに糖分を含むガムやキャンディを食べない
ことも大事です。


口臭解消 原因 予防(虫歯 歯周病 歯槽膿漏)トップへ







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60464931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

スポンサードリンク