ドライマウス 口腔乾燥症の原因


ドライマウス 口腔乾燥症の原因

ドライマウスの原因には全身緒病気からくるもの、
代謝性のもの

ストレスなどによるもの、薬の副作用による
もの、唾液腺の局所的な疾患によるものなどが
あげられます。

ドライマウスの主な原因

・唾液腺自体の局所的な疾患によるもの

・糖尿病、腎疾患などの全身性疾患によるもの

・薬による副作用

・加齢に伴う症状

・自律神経によるもの

・ストレスによるもの

・口呼吸や喫煙、過度のアルコール摂取によるもの

・放射線治療の副作用によるもの

・自己免疫疾患によるもの
 などがあげられます。


ドライマウス 口腔乾燥症とは

ドライマウス(口腔乾燥症)の方の注意点




口臭解消 原因 予防(虫歯 歯周病 歯槽膿漏)トップへ





ドライマウス(口腔乾燥症)の方の注意点



ドライマウス(口腔乾燥症)の方の注意点

乾燥によって、ドライマウスになったお口の粘膜は
デリケートになっています。

アルコールや香辛料などは、お口の粘膜に刺激を与えます。
その他、刺激が強い食品は避けてください。

ドライマウスの方は唾液の量が少なく殺菌効果が
ないため、歯周病や、虫歯になりやすくなります。

食べた後のうがいや、歯磨きでお口の中を清潔にして
細菌が繁殖しないようにしましょう。

舌苔がついているのを舌ブラシで、無理矢理ブラシ
することは舌を傷つけ、乾燥を促進します。
絶対にやめましょう。

ドライマウスとは



トップへ


ドライマウス(口腔乾燥症)口臭の原因にも



ドライマウス
 (口腔乾燥症)口臭の原因にも

ドライマウス(口腔乾燥症)とは、口腔粘膜の乾燥する
症状で、唾液の分泌が低下してお口が乾いた状態のことを
さします。

唾液が不足してドライマウスが進行すると、舌がひび割
れる、義歯の具合が悪くなる、口内炎ができやすくなる
などの症状がでます。

唾液の分泌が少ないため、唾液が本来果たしている抗菌
作用や、洗浄作用が働かず、虫歯や歯周病などにかかり
やすくなり、口臭の原因にもなります。

ドライマウスのチェック法

1. 口の中が乾く、カラカラする
2. 水を良く飲む、いつも持参している
3. 夜中に起きて水を飲む
4. クラッカーなど乾いた食品が咬みにくい
5. 食物が飲み込みにくい
6. 口の中がネバネバする、話しにくい
7. 味がおかしい
8. 義歯で傷が付きやすい

1つ以上当てはまるものがあれば、ドライマウスの
可能性があります。

3つ以上の場合は病院で診察してもらいましょう。


ドライマウス口腔乾燥症)の方の注意点



トップへ




スポンサードリンク